secondspace’s diary

日常でお役に立てることを書ければとおもいます。

おすすめFLEX TAPE(フレックステープ)最強のダクトテープが凄い

ビートたけしの知らないニュースで紹介されたFLEX TAPE(フレックステープ)が凄い!

f:id:secondspace:20170621215300p:plain

FLEXTAPEとは!?

どんなダクトテープよりも強力で強度も最も高く、ゴム加工されているために防水性があり、貼るだけで水漏れを防ぐ世界最強と言われている凄いダクトテープなのです。

テレビ番組でFLEX TEPE(フレックステープ)を観て驚きました!

従来のダクトテープよりも「強力な粘着力」「テープの強度」なんと言っても亀裂が入った場所や、ひどい水漏れをしているところ、水中などでも貼り付けることができます。

FLEX TEPE(フレックステープ)は水漏れのあるところにも効果に期待できるのです

f:id:secondspace:20170516163622p:plain

穴があいている水槽から凄い勢いで勢いよく水漏していますよね!?

 

それをなんと!!

バシッ!!と水槽にただただ貼るだけで水漏れが一切しておりません。

 

さらには、水が残っているバスタブや水槽の中にだって貼れるのです!

 

本来なら粘着力の衰えや防水性の心配がありますが、ゴム加工しているため問題なく使える凄いFLEX TAPE(フレックステープ)なのです。

FLEX TEPE(フレックステープ)ならこんな使い方もできます

なんと20kgの重りを持ち上げています。

大丈夫なの!?と思いますよね。

 

それが不思議!

 

全く問題なく、ちぎれる事もなく持ち上げられるほど強度の強いFLEX TAPE(フレックステープ)なのです。

そもそもダクトテープとはどんなもの?

アメリカ発祥の粘着テープの一種であり、ガムテープよりも粘着力があり強度が高く

棚の修理、日曜大工、本来の使用目的である、ダクト修理、補修をはじめ

いろんな用途に使えるものです。

一般的なダクトテープならこんな感じなのですが、FLEX TAPEはこんなものまで貼り付けてしまいます。

FLEX TEPE(フレックステープ)ならは真っ二つになったボートまでこんな感じになります

「flex tape」の画像検索結果

完全に半分に切れたボートがありますよね。

 

それをFLEXTAPE(フレックステープ)を貼ってくっつけちゃうんです!

 

そしてなんと!?以下の画像をご覧ください。

 

f:id:secondspace:20170507204535p:plain

FLEX TAPE(フレックステープ)を貼って水が漏れるどころか普通にモーターをつけて水の上で乗っています。

 

凄くないですか。

 

ダクトテープ本来の使い方とは違う気もいたしますが。

これがあれば配管、バケツ、バスタブ、水槽の水漏れ、まさかのプールの修理までできそうな勢いですね。

たとえばFLEX TAPEならこんな使い方もできそうですね

  • 工事現場で働く職人さんのアイテムとして。
  • お休みの日にDIYをするお父さんのちょっとした道具として奥様にも喜ばれますよね。

修理からDIYなどいろんな用途に使える最強のダクトテープと言えますね。

 

また、具体的に画像ではなくてyoutubeの動画を見ていただきますと、FLEX TAPE(フレックステープ)の凄さがもっとわかりやすいかと思います。

 


FLEX TAPE ™ Commercial

youtubeをご覧いただきましていかがでしたでしょうか。

 

修理に補正に水漏れ対策になんでもこなせる凄いテープなのは間違いなさそうですね。

 

従来のダクトテープよりも、お値段は少々するかもしれませんが、これだけ凄いダクトテープなのですから納得した方も多いのではないでしょうか。

 

FLEX TAPE(フレックステープ)のサイズの詳細

奥行き 10.8cm
8.9cm
高さ 8.9cm
重量

f:id:secondspace:20170726202734p:plain

113g

FLEX TAPE(フレックステープ)の長さは5フィート

FLEX TAPE(フレックステープ)の長さは5フィートなので「152.4cm」となります。

 

また、色はブラック(黒)とホワイト(白)の二色があり、日本では通信販売で有名なAmazon(アマゾン)で購入ができます。

 

お値段は、たまに変動しているものの1ヶ月前の販売価格と比べますと安く購入できるのが嬉しいですね。

 

もし興味のある方には今が狙い目かもしれませんね。

 

下をクリックしていただけますと、アマゾンの公式サイトにリンクしていますので、気になる方は見てくださいね。

 

最後までブログを読んでいただいてありがとうございました!